りんくうスポーツフェス開催

2016年11月13日

 

子供から大人、シニアまで!「りんくう」だからできるスポーツをりんくう公園を中心に、マーブルビーチの海岸沿い通路や公園予定地の広場を使って開催しました。

当日は風も無く穏やかな青空の下、りんくう公園をスタートし、白いマーブルビーチ沿いを走る「OSAKAビーチサイドマラソン」では、20km、10km、5kmの部門に分かれ、海沿いの景色を楽しみながら思い思いのペースで走り抜けました。

 公園予定地では、未整備の広大な広場をそのまま利用した自転車競技「シクロクロス」を開催。この競技は秋から冬のシーズン中、近畿の各地で全10戦で行われる、「関西シクロクロス」シリーズ第3戦として開催されました。
関西シクロクロスは、年齢や経験によりクラス分けし、コースの難易度や距離を分けて競われ、トップクラスの競技では、歩いても一苦労するような激坂を自転車で駆け上がり、草地の中に作られたコースを走り抜けました。

 公園内の多目的広場では、2歳から参加できるべダルの無い自転車「キッズバイク」を使った大会「LAGP2016WEST」を開催。
小さな体を力一杯使った迫力あるレースを繰り広げ、応援に来ていた大人たちもついつい熱くなる大会でした。このイベントには、りんくうタウンにある食品メーカー「キャニオンスパイス」さんから参加者全員に賞品の提供を頂きました。

 また、公園内では、2本のポールを使って歩く健康スポーツ「ノルディックウォーキング」の体験教室や、「スロージョギング教室」では隣の人とおしゃべりしながらでも走る事が出来る個人の体力に合ったペースを体験する教室も開催。
普段からりんくう公園でウォーキングなどを楽しまれている方々も、いつもとは少し違ったスポーツを体験。また、夕刻からは夕陽を眺めながらの「サンセットヨガ」も行われました。

スポーツイベントのほかにも、健康測定のブースや食育のコーナー、見た目もカワイイキッチンカーが7台も集合したエリアなど、様々なイベントを1日に詰め込んだ「スポーツフェス」でした。